法定相続人の意味は? 法定相続人の遺産と養子範囲の相談所

法定相続人の意味は?

相続人(亡くなった人)は、原則、自分が亡くなった後の財産の相続について自分の意思に基づく遺言により、遺留分を侵害しない範囲内において自由に処分することが可能です。

相続人が、生前、遺言を残していたケースは、遺言書に書かれた内容が優先されます。

ですから、遺言書に指定された通り相続人が相続すれば、遺産分割協議は必要ありません。

万一、被相続人の遺言が法律的に無効なものであったり、また遺言そのものを書き残していないケースは、遺産を誰が相続するのか分からないといった問題が生じる可能性があります。

民法では、このような問題を解決するために、遺言が残されていない場合の被相続人の財産の承継人(範囲・順位)を定めると共に、その相続人が譲り受けることのできる遺産の割合について規定しています。

その中でも、民法によって定められた相続人のことを、「法定相続人」と、一般的に呼んでいます。