借金相続 法定相続人の遺産と養子範囲の相談所

借金相続

相続する場合は、土地や建物などの積極財産だけが相続されると考えている人もいますが、そうではなく借金やローンなどの負債も相続します。

明らかに借金などの負債の方が多いときは、相続放棄することができます。

また、借金を引継ぐのは嫌だけど、借金を支払っても何かしら残るかもしれないという場合には、相続の限定承認という選択もあります。

相続放棄や限定承認をするときは、相続が開始したことをを知ったときから3カ月以内に家庭裁判所で手続きをしなければ、借金も相続しなければいけません。