相続は放棄できるのか? 法定相続人の遺産と養子範囲の相談所

相続は放棄できるのか?

相続する場合の財産にはプラスの財産(資産)とマイナスの財産(負債)があります。

資産が多ければ問題ありませんが、借金や住宅ローンや債務の負債がはるかに多ければ、そのまま相続すると財産が増えるどころかマイナスを背負うことになってしまいます。

ですから、相続人に過剰な負担をさせないように、相続人は相続放棄ができるよう定められています。

相続放棄をするには家庭裁判所の許可が必要ですので、相続を放棄するためには、相続の開始(被相続人が亡くなったとき)、または自分が相続人となったことを知ったときから、3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申請をしなければなりません。

ただし、相続人が未成年者や被後見人の場合は、法定代理人(特別代理人)や後見人が相続が起きたことを知ってから3ヶ月以内に、代理人や後見人が相続放棄を申請することになっています。

2ヶ月間を熟慮期間は非常に重要で、この間に申請をしなければ、相続を承認したとみなされ(法定単純承認)、それ以降は相続放棄はできなくなります。

例外的に、相続人が外国に住んでいたり、なかなか遺産の状況調査ができないときは、家庭裁判所に「相続の承認・放棄の期間伸長の申立て」をすることができます。