親を虐待すると、相続権がなくなるかも? 法定相続人の遺産と養子範囲の相談所

親を虐待すると、相続権がなくなるかも?

被相続人に対して、生前に虐待や著しい非行などを行った相続人は、「相続人の廃除」といって、相続権を失うことがあり、廃除された者は相続することはできません。

ただし、廃除するには家庭裁判所への申立てが必要です。

「相続欠格」という制度は、ギャンブルなどによって多額の借金を抱えた息子が、親の財産目当てに親を殺してしまったような場合は、何の手続きもなく、当然に、相続権を失います。

みなさん、親は大切にしましょう。