法定相続人の範囲は誰まで? 法定相続人の遺産と養子範囲の相談所

法定相続人の優先順位

死亡したとき、相続人になれる資格を持つ人をどのように判断するのでしょうか?

民法は、血族の濃さを重んじて、子(子が先に死亡していれば代襲相続といって孫以下の直系卑属)、親(直系尊属)、兄弟姉妹(あるいはその子である甥や姪)という順番で相続人を定めています。
血族であっても、死亡者から扶養される可能性の濃い範囲の者のみを相続人と定め、いとことか姪の子までも相続人に含めるとはしていません。

1、子(直系卑属) 2、親(直系尊属) 3、兄弟姉妹(甥・姪)の順番に優先順位が決まっています。

ただし、配偶者は必ず相続人になり、子(直系卑属)がいれば子と配偶者が、子がなく父母(直系尊属)がいれば父母と配偶者が相続人になります。

また、子も孫もなく父母、祖父母など直系尊属もすでにいなければ、兄弟姉妹と配偶者が相続人として定められています。

法定相続分について

民法は、誰が、どの割合で相続するのかを法定相続分として定めています。

遺言書がある場合は、法定相続分の通りに遺産分割しなければいけないわけではありませんのでご注意ください。

参考
(法定相続分)第900条 同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。

1.子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする。

2.配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、3分の2とし、直系尊属の相続分は、3分の1とする。

3.配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、4分の3とし、兄弟姉妹の相続分は、4分の1とする。

4.子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の2分の1とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1とする。