相続の限定承認とは? 法定相続人の遺産と養子範囲の相談所

限定承認について

もしかしたら負債が多いかもしれないかもしれないと、遺産の内容がはっきりしない場合には、限定承認をすることが可能です。

限定承認とは、相続をまるごと放棄するのではなく、相続で得られる財産の範囲においてのみ借金を返済することで、限定承認をすれば、もしマイナスの財産がプラスの財産より多くても、差し引きの分については債務を負う必要がなくなります。

反対に、借金を差し引いた財産が結果的にプラスであったら、プラスの部分は受け取ることができ、ここが相続放棄とは違うところです。

ただし限定承認は、相続放棄のように相続人一人一人が個人でおこなうことはできず、共同相続人と包括遺贈の受遺者(相続人ではないが、被相続人からの遺言で遺産の包括的《全遺産の何分の一という具合に指定すること》遺贈を受け、これを受諾した者)全員が一致して、相続放棄と同じく、原則的に相続開始または相続開始を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に申立てをしなければなりません。