相続の為の遺言書の種類は? 法定相続人の遺産と養子範囲の相談所

遺言書の種類について

遺言書形式は、大別すると4種類(自筆証書、公正証書、秘密証書、特別方式)ありますが、一般的によく使われるのは自筆証書遺言と公正証書遺言です。

この遺言書は、法的に有効になるためには、厳格な形式(書式)の規定を守る必要があります。

遺言書は、私文書だから、偽造や変造、改ざんをされるリスクがあり、遺言書に書かれた相続分の指定は、民法で規定された法定相続分よりも優先するので、相続人にとってその後の人生を変えてしまいかねないものです。

ですから、遺言書遺言者本人の意思に基づいて、本人が作成したことが明らかにできるよう、その書式に厳格なルールを定めているのです。